皮膚科・形成外科・アレルギー科/ 美容皮膚科

東京港区六本木皮膚科
logoさとうクリニック

東京都港区保険医療機関(一部保険外診療)/日比谷線・大江戸線 六本木駅4a・6番出口すぐ 六本木交差点

東京都港区六本木4-9-5 ISOビル3F
皮膚科・形成外科・美容皮膚科/TEL: 03-5771-4871

湿疹、脂漏性皮膚炎・フケ症、蕁麻疹(じんましん)、かゆみ、しみ シミ、ソバカス、 肝斑(かんぱん)、しわ シワ  東京都港区六本木皮膚科さとうクリニック


湿疹(しっしん)

しっしんとは、衣類や寝具などのさまざまな皮膚に対する刺激や誘因・原因となる物質、その他の理由によりおこる皮膚の炎症です。

接触性皮膚炎、尋常性湿疹、内因性湿疹(アトピー性皮膚炎)、脂漏性皮膚炎、ビダール苔癬などのほか、分類できないようなものがひろく湿疹とよばれたりします。

急性湿疹は、急性に発症した赤いブツブツ、小水疱(水ぶくれ)、小丘疹(皮膚面の隆起・もり上がり)、小膿疱(水疱の内容が膿性、うみ)、びらん、痂皮(かさぶた)といったことなどが皮膚に現れ、かゆみを伴います。原因の分からない接触性皮膚炎・感染性皮膚科炎(毛嚢炎など)や蕁麻疹体質や皮膚を掻くといったことが原因となることもあります。ウイルス性発疹症や細菌感染などもおこっていることもあります。

湿疹の再発を繰り返してできる慢性湿疹は角層も厚くなりひびわれすることもあります。治療は、外用剤など用います。

シミ ソバカス 肝斑(かんぱん)

東京皮膚科尋常性乾癬

一般的に「シミ」「ソバカス」といわてれいる色素沈着症には、いくつか種類があり、それぞれに改善するための方法が異なります。いわゆる加齢により出現したシミは老人性色素斑です。他にソバカスといわれる雀卵斑、皮膚に炎症を起こした時にできる炎症性色素沈着、年寄りイボとされる脂漏性角化症、非常に強い刺激を常時うけることによってできる摩擦黒皮症など、それぞれ症状にあった治療が必要です。

肝斑は頬骨部からこめかみに左右対称性に広範囲に生ずる褐色の色素沈着です。かんぱんは、むやみにレーザーを使用するとかえって濃くなることもあるので、注意が必要です。トラネキサム酸など主に外用剤・内服薬などで時間をかけて改善していといったことが中心となります。

一般にシミと思われているものも種類をみわけるのが難しく、比較的に取れやすいものから時間のかかるものがあります。

薄いシミやソバカスは、光療法(IPL)を照射することで、改善しやすいものがあります。濃いシミは、レーザーの強い光でメラニンを破壊する方法をとります。

また、トレチノインやハイドロキノンなどの外用薬でメラニンを除去しようとする方法などがあります。VCローションやトラネキサム酸をイオン導入するなどメラニンの生成を抑制するといった考えもあります。種類を正しくみわけ、適切な治療法を用いることが大切です。

脂漏性皮膚炎・フケ症

脂漏性皮膚炎は皮膚分泌の増加・皮膚分泌機能の異常・皮脂の質的変化・光線療法・亜鉛欠乏症・精神的要因・環境的要因・真菌(カビ)による感染症などによりおこるとされています。

皮脂腺が発達し、皮脂の分泌の多い部分に発症します。

頭皮では、脂っぽいフケや皮膚の赤み(紅斑)、顔で鼻の周囲などに脂っぽい薄いかさぶたのようなものを伴った紅斑が見られるのが特徴です。

胸や背中の中央部、わきの下、陰部など、頭や顔以外にも生じることがあります。

脂漏性皮膚炎の原因は、皮脂を分泌する機能の異常や、皮脂自体の質的な変化などが原因であるとの考えられています。

または、細菌や真菌が出す物質がフケ症を引き起こすともいわれています。

真菌の場合、外用抗真菌薬の塗布で、1~2週間で症状が軽快します。しかし、3~4ヶ月で再発もみられます。

脂漏性皮膚炎の中には、外用抗真菌薬の使用でかえって悪化することもあり、その場合、短期間外用ステロイドを塗布するこもあります。尿素などを用いたりもします。フケ症を放置しておくと、皮脂が毛穴に詰まり、毛が抜けやすくなるといったことがおこります。クリームやローションなどの併用や、他に抗ヒスタミン剤、(かゆみに対して)、ビタミンB2、ビタミンB6などの内服薬などがあります。

シワ たるみ

「しわ」にもいろいろなタイプがあります。水分を蓄えられない古い細胞が残り乾燥が助長されることによるしわや、表情筋によるしわ、紫外線のUVAなどが原因や、加齢によるもの、真皮層のコラーゲンやエラスチンなどの弾性繊維の減少したり、切れたり変形することで、しわが形成されます。

レチノイン酸やカイネチンなどの外用薬のほかボトックスで表情筋の動きを弱める、しわの溝がもりあがるようにヒアルロン酸注入するなどの改善方法があります。

「たるみ」は肌のハリや弾力がなくなってしまうことや、重力によっておこります。加齢による皮膚や筋肉の衰えや、紫外線による光老化が原因です

女性ホルモンの分泌量が低下することで、繊維芽細胞から分泌されるコラーゲン量も減るとされています。それが肌表面のハリや弾力を支えている真皮層のエラスチンやコラーゲンの変化に影響を与えることが要因となります。

たるみには機械を使った施術、手術などの方法があります。

蕁麻疹(じんましん)

じんましんは、食べ物などのアレルゲンによるアレルギー性、解熱鎮痛剤や色素や造影剤などを摂取したことなどによる薬剤による反応、運動の負荷が加わったときや発汗したときになるコリン性、冷水・冷風に触れたときや日光やひっかき圧迫などの物理性、原因となる物質がわからない免疫異常などいろいろな種類があります。

経過が1ヶ月ぐらいの急性じんましんは、炎症のある疾患が選考あるいは合併するケースが多く、数週間で治癒することが多いのですが、経過が1ヶ月以上にわたる慢性じんましんは原因が不明なことが多かったりします。内服剤などを用います。


東京メトロ日比谷線・東京都営地下鉄大江戸線 六本木駅4a・6番、俳優座方面出口すぐ。

東京港区 六本木 皮膚科 形成外科 アレルギー科 美容皮膚科
さとうクリニック   院長:佐藤拓二

〒106-0032 東京都港区六本木4-9-5 ISOビル3F  TEL: 03-5771-4871 (シワナイ)

皮膚科学会所属
形成外科学会所属
日本皮膚悪性腫瘍学会所属
東京都港区六本木
さとうクリニック


If you see the pdf, necessary need Adbe reader.
PDFを見るにはアドビリーダーが必要です。

Adbe reader
ページのトップへ戻る