青春ニキビから大人のにきびまで、ニキビあとにならないよう治療。 悪化したニキビ、にきびあとの毛穴の改善 東京都港区六本木皮膚科さとうクリニック 

皮膚科・形成外科・アレルギー科/美容皮膚科・メディカルエステ併設

東京都港区六本木 皮膚科さとうクリニック

東京都港区保険医療機関/日比谷線・大江戸線 六本木駅4a・6番出口すぐ 六本木交差点

Dermatology Plastic surgery Allergic Medical beauty-treatment Clinc for Helth and Beauty

診療項目 > にきび、めんぽう、吹き出物
にきび ニキビ  面皰(めんぽう) 吹き出物

「たかがにきび、されどにきび」といわれるように、にきびの治療は、正面から取り組むとかなり奥深く、難しいものです。

ニキビは、脂腺の肥大によっておこったり、、毛包内に常在する細菌のニキビ菌などによっておこるもの、毛包開口部の角化による閉鎖面皰(めんぽう)の形成などがあります。

ニキビといってもいろいろあり、毛穴がふさがり、古い皮脂が表皮の下にたまって、皮脂が表皮から盛り上がり白くポツポツがでているものを白にきび。角質層のアカなどで毛穴が詰まり、酸化して黒ずんだものが黒にきび。毛穴がふさがりアクネ菌が増殖したため、炎症が起こって赤く腫れ上がったものが赤にきび。アクネ菌やフドウ球菌などか増殖したため、膿みがでているもの化膿にきびといわれ、真皮層までダメージ受けていて痛みや痒みを伴います。

ニキビは「お肌の爆弾」と喩えていわれることもあります。

黄ニキビ
炎症ニキビ

ニキビがひどい場合、ニキビ跡として赤みがシミのような状態で残ったり肌の表面に凹凸ができてしまうことがあります。この赤みや凹凸は改善するのに時間がかかったり、一生跡になったりといったことがあるのです。

現在の保険治療では、ビタミン剤の内服と抗生物質の内服・外用を主体にしたものですが、なかなか満足の得られる治療結果は得られるものではありません。

白ニキビ
白にきび圧出

開閉口のない白にきびや、炎症の進んだにきびなどは、跡の残りにくいよう、一番いい角度から、ハリを刺す、レーザーを照射するなどして丁寧に圧出します。

ケミカルピーリング、サリチル酸ピーリングなどはにきびの予防、にきび跡の改善によいでしょう。

ビタミンC誘導体ローションは、毛穴に皮脂が詰まるのを防ぎ、にきび跡の色素沈着にも効果があるとされています。

にきびに効果的な殺菌作用のある青いランプを使った光治療や、Co2フラクショナルレーザーでのニキビやニキビ痕へのアプローチ、外用レチノイド(アダパレン)などを用いる治療法もあります。

にきびは、あまりに大きく化膿してひどくなってしまうと切開して膿をださなけらばならない状態になることももあります。

特に大人のにきびなどは治りにくく、外用剤など間違えたものをむやみに用いると悪化する恐れもあります。

早めの治療を心がけてください。

「にきびは皮膚科へ.jp」のホームページ(別ウインドウで開きます)


 白にきび  →  黒にきび  →  赤にきび  →  炎症にきび

白ニキビめんぽう肌 黒ニキビふきでもの治療 赤ニキビアクネ改善 炎症ニキビあと

Roppongi Crossing Sato Clinic Minato-ku Tokyo Japan

東京都港区六本木 皮膚科 形成外科 アレルギー科 美容皮膚科
さとうクリニック

TEL 03-5771-4871

Mention
  • 皮膚科学会所属
  • 形成外科学会所属
  • 東京都港区六本木
  • さとうクリニック
東京都港区

ページのトップへ戻る