血液検査も簡単にできます。疲労回復にニンニク注射、プラセンタ注射 東京都港区六本木皮膚科さとうクリニック

皮膚科・形成外科・アレルギー科/美容皮膚科・メディカルエステ併設

東京都港区六本木 皮膚科さとうクリニック

東京都港区保険医療機関/日比谷線・大江戸線 六本木駅4a・6番出口すぐ 六本木交差点

Dermatology Plastic surgery Allergic Medical beauty-treatment Clinc for Helth and Beauty

HOME > インフルエンザ予防接種、血液検査、腫瘍検査、水虫検査、にんにく注射
インフルエンザ予防接種(シーズンのみ)

インフルエンザ予防接種後、抗体ができるまで通常2週間ほどかかりますが、抗体ができてからでは3ヶ月ほどはもちますので、流行が予想されるときは早めにうけられるのが理想的です。

インフルエンザ予防接種は、卵からつくられるため卵や鶏にアレルギーのある方は受けていただくことができません。

2010年10月1日より従来型(季節性)と新型インフルエンザの混合ワクチンの接種がはじまりました。これは、13歳以上は1回、12歳以下は2回接種となります。

各種検査

血液検査、パッチテストなど

身体に異常があると、通常一定の範囲内に保たれている血液の成分に変化が生じます。血液検査によって血液の病気だけでなく、身体のいろいろな情報が得られます。

アレルギー物質などのほか、貧血検査から、鉄欠乏症、消化管からの出血(潰瘍、痔など)、腎臓病、子宮筋腫など。

脂質検査から、動脈硬化や脂肪肝などの原因となる高脂血症。(中性脂肪などは食事の影響を受けやすいので、血液検査は空腹時とされます。)

血糖検査から、糖尿病やその予備軍、また、血糖値の高い状態が続くと動脈硬化や網膜症、腎症、末梢神経障害などの合併症などが疑われます。

肝機能検査では、肝臓障害、胆石や胆道系の病気でも数値が高くなります。急性肝炎と慢性肝炎から、肝硬変や肝臓ガンに進行することもあります。

腎機能検査より、腎臓の動きが正常化みます。腎臓はかなり症状が悪化するまで自覚症状があらわれなかったりします。異常のあるときは、必ず再検査を受けるようにしてください。

血液検査の項目はアレルギー検査の種類などもご希望により選択も可能です

パッチテストで時間がたってから発症する遅発型アレルギーをテストする方法などもあります。

腫瘍検査

良性か悪性かどうか判断の必要な腫瘍の切除を行った場合、検査にだします。

皮膚の悪性腫瘍としては、皮膚扁平上皮がん、皮膚基底細胞がん、皮膚ボーエン病、皮膚ページェット病、皮膚悪性黒色腫(メラノーマ)、転移がんなどがあります。

水虫検査

水虫の検査は角質などの一部を採取し、試薬を使って院内で検査できます。結果も当日にお伝えできます。

疲労回復注射 ニンニク注射

スポーツ選手に利用者が多い話題のニンニク注射です。ニンニクと同じビタミンB1主成分の注射で、当院ではこれに各種ビタミンをオリジナルに配合しています。疲労回復、だるさ、倦怠感などの回復に即効性を求める方に大変有効です。

喉の奥からニンニクの臭いがしてくることがありますが、臭いは数分で消失します。当院のニンニク注射には、ドーピングに違反するような成分は含まれておりません。詳しくは医師にご確認ください。

      

Roppongi Crossing Sato Clinic Minato-ku Tokyo Japan

東京都港区六本木 皮膚科 形成外科 アレルギー科 美容皮膚科
さとうクリニック

Mention
  • 皮膚科学会所属
  • 形成外科学会所属
  • 東京都港区六本木
  • さとうクリニック
東京都港区

ページのトップへ戻る