美白・美肌メディカルエステ美容で、美しい素肌に 東京都港区六本木美容皮膚科 フラクショナルレーザー 光治療 ピーリング VC誘導体 LED

皮膚科・形成外科・アレルギー科/美容皮膚科・メディカルエステ併設

東京都港区六本木 皮膚科さとうクリニック

東京都港区保険医療機関/日比谷線・大江戸線 六本木駅4a・6番出口すぐ 六本木交差点

Dermatology Plastic surgery Allergic Medical beauty-treatment Clinc for Helth and Beauty

診療項目 >美白・美肌ケア・毛穴ケア美容 フォト、レーザー、フラクショナル(フラクセル)、ピーリング、 ビタミンC誘導体、 LED
美容皮膚科クリニック 美肌の施術
光フォト フラッシュランプ

フラッシュランプは多種類の光が一度に照射され、角質、表皮、真皮に作用し、肌のくすみやしみ、小じわ、毛穴の開きを徐々に解消していきます。お肌にハリやつやも出てきます。

シミが取れる過程でメラニンが浮き上がり、黒くなり、一見悪くなったりするように見えることもありますが、後にそれがはがれ落ち白いクリアなお肌になるとされています。

当日お化粧できます。

2~4週ごとに6回ほど施術することが施術の目安で、美肌の状態は、約3~6ヶ月持続します。


Co2フラクショナルレーザー

Co2のフラクショナルレーザーは、従来治療の難しいとされていたニキビ、ニキビあとや、傷跡、毛穴(毛孔)、小じわなどを徐々に解消していくと現在最も良いと考えられる方法です。

レーザーによって細かい孔を皮膚に開け、ニキビ跡の凸凹、傷跡、小じわ、毛穴(毛孔)を改善するというものです。Co2フラクショナルーレーザーは、Co2レーザが真皮まで到達して、古い皮膚を焼灼して、皮膚の凹凸を滑らかにするといった効果が期待できます。

麻酔クリームを使いますが、表面を冷却しながら照射すれば、さらに痛みを軽減できます。

照射後、肌に赤みがめだち、軽いやけどのように少しひりひりとしたような状態になります。外用剤を処方します。落ち着いたらビタミンC誘導体ローションや刺激の少ない化粧水などで十分に水分補給を行うことを心がけてください。

施術後はよく冷やし、翌日お化粧はできますが皮膚がこすれると痛いとかんじることもありますので、やさしくケアすることが大切です。1週間後ぐらいに角質がはがれはじめ、約1か月でとれるでしょう。

1度でも実感いただける場合もありますが、個人差があります。1か月に1回、3~5回ほど照射することが施術の目安です。施術期間中は、週に1度のビタミンC誘導体のイオン導入もオススメします。


レーザーピーリング

くすみやザラつきの原因となる古い角質をレーザーで飛ばし、肌を活性化します。ケミカルピーリングとは違い、レーザーは肌へのダメージが少なく、ほとんどの肌タイプの方に使用できます。お肌をなめらかにし、しわ、くすみ、ニキビ、など改善する効果もあるとされています。 くすみが取れ、表皮にあるシミが薄くなりますから、肌が明るくなります。うるおいとツヤが感じられたりと感触も違ってきたりもするでしょう。さらに、続けて行うとことでシワが少なくなったり、ニキビや吹き出物ができにくい肌になったりといったことも期待できます。

黒いうぶ毛などには脱毛効果もあります。


ケミカルピーリング

フルーツ酸の一種で刺激の少ないグリコール酸などを肌に塗って古い角質や毛穴の汚れを落とし、新しい角質の再生を促します。肌のくすみや肌触りの改善、にきび肌やにきび跡改善、美白などによいとされています。

ピーリングのあとは、日光にあたらない、お肌を乾燥させないといった注意が必要です。


サリチル酸ピーリング

サリチル酸ピーリングはいろいろなメリットがあり、有効なピーリング方法とされています。脂溶性で面皰(めんぽう)の圧出作用があります。浸透によって皮脂の詰まりを解消して皮脂分泌の改善などが期待できます。

サリチル酸は、角質軟化・融解作用を持ちます。エタノールに溶解されていた従来のサリチル酸ピーリングは、痛みや発赤、炎症など副作用も多く見られました。がマクロゴールと配合することにより、酸が皮膚深部へ浸透するのを防ぎ、酸が角質層レベルで反応することで、高濃度でも副作用が少なく、美肌、美白においてより高い効果が期待できるとされています。

約一週間で表皮が再生していきますので、その間は日光にあたらないようにし、お肌が乾燥しないように気をつけてください。これを数回繰り返していくと、表皮の組織が生まれ変わります。


ビタミンC誘導体イオン導入

イオンどうしの反発力で高濃度の活性型ビタミンCを皮膚の深部まで浸透させるものです。

普段のお手入れだけではお肌の奥まで届かない有効成分が、皮膚の内部まで行き渡るので、ただ塗るだけの場合よりビタミンCの吸収が数十倍高くなります。

ビタミンCは、メラニン細胞の再生を抑え、老化の原因といわれる活性酸素を除去するほか、真皮層のコラーゲンの造成を促進するため、美肌、美白効果が得られ、老化予防にもよいとされています。


Roppongi Crossing Sato Clinic Minato-ku Tokyo Japan

東京都港区六本木 皮膚科 形成外科 アレルギー科 美容皮膚科
さとうクリニック

Mention
  • 皮膚科学会所属
  • 形成外科学会所属
  • 東京都港区六本木
  • さとうクリニック
東京都港区

ページのトップへ戻る