青春ニキビも治りにくい大人ニキビも、あとにならない治療を。できてしまったにきびあとも改善します。 東京都港区六本木皮膚科さとうクリニック

皮膚科・形成外科・アレルギー科/美容皮膚科・メディカルエステ併設

東京都港区六本木 皮膚科さとうクリニック

東京都港区保険医療機関/日比谷線・大江戸線 六本木駅4a・6番出口すぐ 六本木交差点

Dermatology Plastic surgery Allergic Medical beauty-treatment Clinc for Helth and Beauty

診療項目 > ニキビ治療・ニキビ跡
クリニックのにきび 面皰(めんぽう) 吹き出物 にきび跡 治療
ニキビの内服・外用剤

ビタミン剤の内服と抗生物質の内服・外用を主体にしたもの


ニキビの面皰(めんぽう)圧出

開閉口のない白にきびや、炎症の進んだにきびは、跡の残りにくいようレーザーを照射するか、一番いい角度からハリを刺し、圧出器で丁寧に圧出します。


ケミカルピーリング

フルーツ酸の一種で刺激の少ないグリコール酸などを肌に塗って古い角質や毛穴の汚れを落とし、新しい角質の再生を促します。にきびの予防、にきび跡の改善にも効果的とされています。


サリチル酸ピーリング

脂溶性で面皰(めんぽう)の圧出作用があります。浸透によって皮脂の詰まりを解消して皮脂分泌の改善が期待できます。にきびの予防、にきび跡の改善にも効果的とされています。


ケアにビタミンCイオン導入

ビタミンC誘導体ローションをイオンの力で浸透させ、毛穴に皮脂が詰まるのを防ぎ、にきび跡の修復、色素沈着にも効果的とされています。


光フォト治療 クリアタッチS

殺菌作用のあるフラッシュランプがアクネ菌を殺菌します。また、角質、表皮、真皮に作用し、毛穴の開きも徐々に解消していくとされているものです。


ニキビ・ニキビ跡にCo2フラクショナルレーザー

Co2のフラクショナルレーザーは、レーザーによって細かい孔を皮膚に開け、ニキビやニキビ跡の凸凹、毛穴を改善するものとして現在最も有効と考えられています。CO2レーザが深い層まで到達しますので、皮膚の凹凸を滑らかにするといった効果が期待できます。

照射後、肌に少し赤みがめだち、軽いやけどのように少しひりひりとしたような状態になります。外用剤を処方します。落ち着いてきたらビタミンC誘導体ローションや刺激の少ない化粧水などで十分に水分補給を行うことを心がけてください施術後よく冷やしてください。翌日お化粧はできますが皮膚がこすれると痛いとかんじたりすることもありますので、やさしくケアすることが大切です。

1か月に1回、3~4回ほど照射することが施術の目安です。週に1度ビタミンC誘導体イオン導入と併用でより効果的とされています。


ニキビの外用レチノイド(アダパレン)

皮脂の分泌を抑えたり、皮膚の再生を促すといった作用があります。にきび、ニキビ跡(痕)の改善に有効です。これまでのレチノイン酸より低刺激のもので、保険薬として認可されたものです。

「にきびは皮膚科へ.jp」のホームページ(別ウインドウで開きます)


 白にきび  →→  黒にきび  →→  赤にきび  →→  炎症にきび

白ニキビ
黒ニキビ
赤ニキビ
炎症ニキビ

Roppongi Crossing Sato Clinic Minato-ku Tokyo Japan

東京都港区六本木 皮膚科 形成外科 アレルギー科 美容皮膚科
さとうクリニック

Mention
  • 皮膚科学会所属
  • 形成外科学会所属
  • 東京都港区六本木
  • さとうクリニック
東京都港区

ページのトップへ戻る