IPL光フォト、レーザー、フラクショナルでニキビ、シミ、シワ、ほくろに。脱毛、アートメイク・タトゥー除去 東京都港区六本木皮膚科 美容皮膚科 形成外科

皮膚科・形成外科・アレルギー科/美容皮膚科・メディカルエステ併設

東京都港区六本木 皮膚科さとうクリニック

東京都港区保険医療機関/日比谷線・大江戸線 六本木駅4a・6番出口すぐ 六本木交差点

Dermatology Plastic surgery Allergic Medical beauty-treatment Clinc for Helth and Beauty

診療項目 > 光治療 ・IPLフォト、CO2フラクショナルレーザー、レーザー脱毛、レーザー治療、レーザーピーリング、アートメイク・タトゥー除去
光治療 IPLフォトセラピー 
東京都港区IPLフォト光治療

IPLフォトセラピー(光治療)は多種類の光が一度に照射され、角質、表皮、真皮に作用し、肌のくすみやしみ、小じわ、毛穴(毛孔)の開きを徐々に解消をはかろうというもので、お肌にハリやつやも感じられるということもあるとされています。

シミが取れる過程でメラニンが浮き上がり、黒くなり、一見悪くなったかのように見えることもありますが、後にそれがはがれ落ちます。お肌にハリと透明感がみられるものです。

施術後、目だって肌が赤くなったり、かさぶたができるといったことになるものではありません。当日お化粧ができます。

ニキビ治療には、青いランプのものを使用します。

2~4週ごとに6回ほど施術することが施術の目安で、美肌効果は約3~6ヶ月持続します。

CO2,eCO2フラクショナルレーザー

CO2のフラクショナルレーザーは、従来治療の難しいとされていたニキビ、ニキビあとや、傷跡、毛穴(毛孔)、小じわなどを徐々に解消していくのに現在最も良いと考えられる方法です。

レーザーによって細かい孔を皮膚に開け、ニキビ跡の凸凹、傷跡、小じわ、毛穴(毛孔)を改善するというものです。CO2フラクショナルーレーザーは、CO2レーザが真皮まで到達して、古い皮膚を焼灼して、コラーゲンを再生、皮膚表面の凹凸を削り取り滑らかにするといった効果が期待できます。

麻酔クリームを使いますが、表面を冷却しながら照射すれば、さらに痛みを軽減できます。

照射後、肌に赤みがめだち、軽いやけどのように少しひりひりとしたような状態になります。外用剤を処方します。落ち着いたらビタミンC誘導体ローションや刺激の少ない化粧水などで十分に水分補給を行うことを心がけてください。

施術後はよく冷やしてください。翌日お化粧はできますが皮膚がこすれると痛いとかんじることもありますので、やさしくケアすることが大切です。5日~1週間後ぐらいに角質がはがれはじめ、ざらざら感が続きますがお肌のターンオーバーとともに約1か月でとれてくるでしょう。

1度でも実感いただける場合もありますが、個人差があります。1か月に1度、3~5回ほど照射することが施術の目安です。施術期間中は、週に1度のビタミンC誘導体のイオン導入もされるとより良いでしょう。

六本木CO2フラクショナル レーザー 東京 毛穴 ニキビあと 小じわ フラクショナルレーザー経過
CO2フラクショナルレーザー前

照射前

毛穴が目立ち法令線も深い状態。

CO2フラクショナルレーザー後1週間

600micro/sで1回目の照射1週間後

茶色い皮が剥がれ落ちた部分。肌は明るくなめらかになり、毛穴は収縮して浅くなっている。法令線も浅くなっている。よく見るとまだ薄く照射あとが残っている状態。

CO2フラクショナルレーザー後1か月

600micro/sで1回目の照射1か月後

肌の状態も落ち着き白さを増している。帯状だった毛穴はより収縮してなめらかになっている。法令線もさらに浅くなっている。

レーザー脱毛                 ページのトップへ戻る

毛の黒い色にレーザが反応します。

脱毛の当日の朝、または前日にご自宅で毛を剃っておいてください。皮膚の表面に出ている毛を剃って、ポツポツと黒く毛根を残した状態でレーザーを照射した方が効果があがります。抜いてしまった後や、除毛剤などを使って根元までない状態ではレーザーの効果がでません。

再び毛が生えてくる時間は、部位により、また個人により差がありますが、毛が生えてくる間隔は脱毛の回数を重ねるごとに、長くなる傾向があります。

毛が再生してきたら、レーザーを照射するということを繰り返していると、次第に毛の本数はに減り、毛の太さも細くなってきます。

針脱毛は、最も脱毛効果は高いといわれていますが技術者により未処理の毛というものができることがあります。その場合毛が曲がって中にはえて来てしまうようになるため、処理ができなくなってしまいます。また、医療用でないレーザーの場合は効果が劣るということもあり、再生率が高いといった場合もあります。現在のところ、医療用レーザーが安全確実な方法ではないかとされています。

レーザー治療
東京都港区レーザー 治療

濃いしみには、Qルビーなどの強い光のレーザーをスポットで照射します。焼けた感じになり、すぐかさぶたの状態にになります。施術の当日は軟膏を塗って、状態により翌日からお化粧ができます。1週間から10日程度でかさぶたがはがれ落ちます。同じ場所に繰り返す場合は1ヶ月ほど間をあけます。

ほくろ除去はCO2レーザーを使用します。非常に強いレーザーなので、麻酔をつかいます。照射後は焼けた感じになります。しばらくじゅくじゅくすることがありますので、軟膏をぬり、絆創膏などで保護します。

レーザーピーリング

くすみやザラつきの原因となる古い角質をレーザーで飛ばし、肌を活性化します。ケミカルピーリングとは違い、レーザーは肌へのダメージが少なく、ほ とんどの肌タイプの方に使用できます。お肌をなめらかにし、しわ、くすみ、ニキビ、など改善する効果もあるとされています。 くすみが取れ、表皮にあるシミが薄くなりますから、肌が明るくなります。うるおいとツヤが感じられたりと感触も違ってきたりもするでしょう。さらに、続け て行うとことでシワが少なくなったり、ニキビや吹き出物ができにくい肌になったりといったことも期待できます。

黒いうぶ毛などは一時的にですが脱毛できるといった特性もあります。

アートメイク・タトゥー除去

タトゥーは、基本的に一生とれないほど深くいれるものです。アートメイクはかなり浅い部分にはいっているために数年で色が抜けて薄くなっていきます

タトゥーやアートメイクはしっかり理解をして上手にいれないと、流行の移り変わりが激しいこともあり、形が気に入らなくなったりまた年齢をかさねることによって位置がかわってきてしまうので取りたいといわれる方もたくさんおられます。今の標準的なアートメイクは、比較的浅い場所にいられているので数年で色もうすくなりますが、完全にとりたい場合は現在ではレーザーで除去するのが一番良い方法だとされています。

タトゥーやアートメイクをレーザーで除去しようとする場合黒系や、単色のものなどは除去できる可能性が高いですが、特殊な色、複雑な色のものや目のインサイドアイラインなどはレーザーで取ることができない状態のものもあります。

マシーン彫りの場合は深さも比較的均一なのですが、手彫りの場合は浅かったり深かったりなので、落ち方も部分的に違ってしまうということもあります。

レーザーを照射すると、焼けてかさぶたになったりすることもあります。1週間から10日程度でかさぶたがはがれ落ちます。場合によってはかさぶたにならずに自然に色がぬけていくこともあります。

タトゥーを除去する場合はレーザーなどでは取れない場合も多く手術などの方法になります。

タトゥーやアートメイクの除去は、まず診察を受けて頂いてからのご相談ということになります。


ジェネシス
東京都港区レーザー リフトアップ ジェネシスリフトアップ効果 東京都港区レーザー リフトアップ

ジェネシスは、ロングパルスNd:YAGレーザです。

真皮乳頭層に熱を加えることで、血行を良くし、開いた毛穴、肌のキメ、ハリを改善させるというものです。

ごく薄い小じわやにも良いといったことも期待でき、全体が引き締まった印相になるため、小顔効果、リフトアップなどにも良いといわれています。

コラーゲン生成にも働きかける性質もあるというもので、施術後1か月ぐらいしてさらにお肌の調子がよく感じられたりということもあるでしょう。

施術中の痛みもほとんどなく、施術後すぐに、効果を体感できるといわれており、ダウンタイムなどもほとんどありません。


イントラジェン
六本木皮膚科 イントラジェン 六本木美容皮膚科 リフトアップ

左頬のみ1回目→

六本木皮膚科 リフトアップ

左頬のみ2回目→

イントラジェン(GFRは、RF(高周波)の機械で、サーマクールと似た性質をもつもので、一般的に切らないリフトともいわれるものの一つです。

ラジオ波を照射することによって、コラーゲンの再生を促すこと引き締める効果が期待できるというものです。

1.5cm×1.5cmの正方形で、強い熱をもったラジオ波を格子状になっていて肌の奥へいくほどひろがるようになっており、お肌表面への負担を小さくするように設計されています。

コラーゲンの生成を促すので、1か月後さらにお肌の調子がよく感じられるということもあります。

施術中の痛みも少なく、ダウンタイムなどもほとんどありません。


eプラス・トリニティプラス
六本木美容 トリニテイプラス 六本木 美容皮膚

サブライムは、赤外線(IR)と高周波(RF)を組み合わせることで、お肌のハリ感アップや・リフトアップ・肌の引き締めなどに良いとされています。従来の赤外線だけのものに比べ、効果が高くなっています。

トリニティ・プラスは、SRまたはSRA(フォトRF)、サブライム、モチーフIRの3つの治療を同時に行うシミ、シワ、タルミのための施術です。

この一台で、様々な組み合わせにより、シミ、赤み、くすみ、たるみや小じわ、キメの粗さや気になる毛穴などに幅広くアプローチができます。

痛みや、ダウンタイムもほとんどありません。


クリアタッチS
六本木にきび治療

クリアタッチSは、光と熱の相乗効果でにきびを改善するという機械です。にきびの菌に対し、青~緑の光を照射してにきび菌などに働きかけ殺菌。症状の改善・再発の抑制する作用や、赤色の光を照射して、炎や赤みを緩和する作用などのほか、湿熱効果や殺菌作用などによってって血行を促進し、皮脂腺にダメージをあたえるなど、にきびのできにくい肌へと導くものとされています。

痛みや、ダウンタイムもほとんどありません。


Roppongi Crossing Sato Clinic Minato-ku Tokyo Japan

東京都港区六本木 皮膚科 形成外科 アレルギー科 美容皮膚科
さとうクリニック

Mention
  • 皮膚科学会所属
  • 形成外科学会所属
  • 東京都港区六本木
  • さとうクリニック
東京都港区

ページのトップへ戻る